銀行での融資と消費者金融でのキャッシングの違いについて

消費者金融会社と、銀行とでは、金利に違いがあることが歴然としています。消費者金融のキャッシングは、銀行での融資に比べて利息が高く設定されています。銀行の融資とキャッシングはお金を借りるという点では同じですが、大きく異なることもたくさんあります。銀行で融資を受ける場合には、お金の使い道を明確にする必要があります。例えば、住宅ローンはまず家を買うという目的があって、そのために必要な資金が融資されます。設備投資関連の融資なら、それのみのお金です。融資を受けるための銀行に申込みをする場合、家を買うなら買う予定の家についても書類提出などが必要で、そのために必要な金額について審査をします。金利や、貸付金額も含めて審査で検討されるため、申込みをしても、希望額がそのまま借りられるとは限らないというネックがあります。銀行での融資は、借り入れを行う人の資産状況をしっかり審査してから融資の決定がされるので、消費者金融会社のキャッシングを比べて手続きは大変です。一方、キャッシングは銀行融資の審査と比べると条件は厳しくなく、借りたお金の使途も自由なのが最大の特徴です。使途が自由なので、キャッシングのことをフリーローンと呼ぶこともあります。銀行の融資と比較すると、消費者金融会社の貸し付けは、どうしても高金利になります。消費者金融会社のキャッシングは金利が高くなりがちなのは、返済不能リスクが、銀行の融資よりも高いためです。闇金に不用意に借りた債務者の末路とは?